"

公益社団法人 大阪技術振興協会 OTPEA
   サイトマップ アクセス アクセス 
基本理念 OTPEA協会の基本理念 協会情報 OTPEA協会情報 事業内容 OTPEA事業内容 研究会活動 OTPEA研究会活動 会員広場紹介 OTPEA会員広場紹介 お問合せ OTPEAお問合せ
ホーム > 技術士試験メニュー > 技術士第二次試験 口頭試験セミナー
                       
令和2年度 技術士第二次試験 20部門  第二次試験 令和2年度 口頭試験セミナー
「面談は、①会場面談と、②遠隔面談 の選択が可能です」
①会場面談は定員に達しましたので締切りました。  
②遠隔面談は申込を受け付けております。      
2020年度   受講申し込み受付中    
【20部門】 【総合技術監理部門】
セミナーの特徴 受験料・申込方法・
アクセス
【20部門】ビデオ講座 合格者・受講生の声
 口頭試験は,前年度から「技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)」を確認する試験へ大幅変更となりました。
 そこで難関の筆記試験に折角合格しながら,大幅な試験方法の変更に対する的確な訓練をせずに口頭試験に臨むことだけは,絶対に避けましょう。
 本年度の口頭試験2021年2月5日~3月14日の,筆記試験合格者にあらかじめ通知される日に行われます。
 万全を期すため,複数回の模擬面接を含む実践的な試験セミナーに,ぜひご参加ください。

日 時:2021年1月23日(土) 
   KAコース(20技術部門)
   KBコース(総合技術監理部門)

場 所:大阪科学技術センタービル内 研修室
    (大阪市西区靱本町1-8-4) 本町 or 肥後橋(大阪メトロ・四つ橋線)
     アクセスをご参照ください。

■講 師:公益社団法人 大阪技術振興協会 所属技術士
■特 色:
 ・約200名の所属技術士より厳選された経験豊かな講師陣による指導です。
 ・実際と同じスタイルで個別リハーサルを行います。
 ・専門分野の講師が個別に適切なアドバイスを行います。
KAコース(20技術部門)
【 講 義 】テキストと講義動画による自宅学習(テキストは1月14日まで入金の場合は郵送します)
   ○試験の概要  ○試問内容  ○受講者の試問例 ○技術士法解説  ○技術者倫理解説など 
《 配布資料 ・ 動画 》
  ①口頭試験標準テキスト
  ②令和2年度用口頭試験テキスト
  ③口頭試験質問例
  ④技術士としての適格性テキスト
  ⑤口頭試験対策動画配信(約2時間) ※動画は視聴用パスワードをご連絡します。
   スマホでも扱いやすいよう15分程度ずつに分割,繰り返し視聴できます。
①【会場面談リハーサル】13:00~ 研修室での本番同様のリハーサルと個別アドバイス
  「個別リハーサル(約20分)+個別アドバイス(約20分)」×2回以上。
  試験官2~3名,受講者2~3名を1グループとして実施します。
  同グループの他の人の面談・指導時間は,見学し,ご自身の参考としてください。


②【遠隔面談リハーサル】申込時にご連絡ください。日時は別途設定。
  面談&アドバイスは2回,講師は1名となります。
  詳しくは事務局へお問合せください。

KBコース(総合技術監理部門)
  内 容
①【 会 場 講 義 】10:30~12:00 ※研修室での集合講義です。
  ○試験の概要  ○試問内容  ○受講者の試問例  ○技術士法解説  ○技術者倫理解説
【口頭個別リハーサル】13:00~
  ◎口頭試験個別リハーサル ◎個別アドバイス
  ※個別リハーサルは、試験官2名で、2回以上実施します。
【全体指導】
  ○結果全体講評 ○質疑応答

②【遠隔講義・遠隔面談リハーサル】申込時にご連絡ください。日時は別途設定。
  詳しくは事務局へお問合せください。

技術士受験講座対象の技術部門
①機械 ②船舶・海洋 ③航空・宇宙 ④電気電子 ⑤化学
⑥繊維 ⑦金属 ⑧資源工学 ⑨建設 ⑩上下水道
⑪衛生工学 ⑫農業 ⑬森林 ⑭水産 ⑮経営工学
⑯情報工学 ⑰応用理学 ⑱生物工学 ⑲環境 ⑳原子力・放射線
 ■ 色の部門は今年度は未対応
(注意事項)
■ 当セミナーにおいて撮影・録音等はご遠慮願います。
■ 口頭試験受験セミナーは「教育訓練給付金」対象講座の適用は受けておりません。



 受 講 料  
受講区分/コースKA(20 技術部門)KB(総合技術監理部門)
①一般受講者37,400 円31,900 円
②当協会会員(団体会員・個人会員)31,900 円27,500 円
③平成30年,令和元年,令和2年度セミナー受講者
 ③の割引対象者は,技術士第二次筆記セミナーA,Bコース, 総合技術監理部門コース受講の方が対象です。
 申 込 方 法
○ 下記のオンラインでお申し込み下さい。
  
 受講料を指定口座にお振込みください。(受講者名でお願いいたします)  
◇ 入金確認後、受験票をメール送信します。当日ご持参ください
◎ 「業務経歴票のコピー」と「復刻論文」をご送付ください。
     (メール、Fax、郵送いずれも可)
◎ 「復刻論文」
     20部門:必須科目Ⅰ,選択科目Ⅲの解答論文
     総合技術監理部門: 必須科目Ⅰ-2の解答論文
    ※書式はWORD、原稿用紙など自由です。
 【 メール】 504@otpea.or.jp
 【締 切】 2021年1月17日 
       ※先着順受付。お早めにお申込みください。
 【連絡先】 下記事務局
      ◇ご不明な点がございましたら、お問合せください。



 ア ク セ ス

大きな地図で見る


技術士第二次試験 口頭試験受験セミナー ビデオ講座 【20部門】
・ 視聴するには,「ユーザ名」と「パスワード」の入力が必要です。
1. 口頭試験の傾向と対策
令和2年度口頭試験 傾向と対策
2. 技術士としての適格性に関する受験対策
令和2年度口頭試験 適格性

当協会主催の口頭試験受験セミナー・アンケートより
 口頭試問については、情報が少ないところ、セミナーにて詳細を教えていただき
大変役に立ちました。一般共通事項で頻度が高いとされた◎と○の事項については、本番でも試問されました。準備ができていたので、あわてることなく回答できました。(Nさん)

 口頭試験の体験実習は,冷静さを失わないように考えていましたが,やはり周囲の雰囲気に緊張し回答が的外れの状況になってしまいました。如何に冷静さを保つことが難しいかを実感させて頂きました。又,復元論文に選択科目に対する表現がないというご指摘をいただき,口頭試験までにその部分の補強・準備をすることに役立ちました。(Sさん)

 模擬面接は絶対やっておくべきだと思った。思った以上に答えられないことを実感し、予定よりもかなり対策を練った。おかげて、実際の面接では思った以上に答えられた。それでも、後から考えると不十分、不適切な回答がいくつかあった。
 (Sさん)

 実際に試験当日さながらの練習を行ったことで、その後自分で予行演習する際にも役だった。(Tさん)

 (講師)二人で異なる視点から質問が良かった。配布資料及びセミナー後の資料などを元に何度も読み直し、勉強し直すことができた。(Hさん)

 受験対策が万全で、様々な角度からアドバイスを受けたことや他の受験生の発表、考え方、取り組み方を中立公正客観的に聞けたことが自信となり、本番ほとんど同様の質疑応答だったので自信を持って口頭試験を受け、無事終了しました。(Tさん)

 模擬面接がよかったです。問題点についても,コメント(不備な点など)をいただいていたため,面接でその内容を答えることができました。(Oさん)

 受験セミナーのテキスト1とテキスト2に関する受験対策の資料で、十分です。勉強すれば確実に、合格できます。セミナーの面接試験のリハーサルで、私の業務経歴票を見て指摘されましたが、ほとんどの<リハーサルと本試験とが、一致していました。聞かれても下準備が出来ていましたので、普通に答えられました。(Kさん)

 セミナーで学んだ内容を、面接日までに何度か繰り返し、自信をもって当日に臨むことができました。また、法規関係のポイント等、時間も適度な内容でした。
 (Hさん)


公益社団法人 大阪技術振興協会
  〒550-0004  大阪市西区靭本町1丁目8番4号 大阪科学技術センタービル504号室
 TEL 06-6444-4798  FAX 06-6444-4818  E-mail: 504@otpea.or.jp
業務時間 平日10:00~16:30  土日祝は休み
  関連サイト    プライバシーポリシー
Copyright (c) 2011 Osaka Technique-Promotion Engineers Association. All Right Reserved.