"
ホーム > 研究会活動 > 化学部会
 Osaka Technique-Promotion Engineers Association (OTPEA)



 本部会は、化学部門の技術士および技術士補等によって構成し、次のような活動を通じて社会に貢献することを目的にしています。
 部内外の講師による講演・研修会、各種研究機関・製造事業所などの見学会、交流懇親会などの部会活動を通じて、部会員の一層のレベル向上と相互の親睦を深める。
  企業の様々な技術ニーズへの的確かつ迅速な対応。(例:新技術・新素材・新製品の開発・改良、環境問題改善、ISOマネジメントシステム構築など、各種技術課題の解決を目的とした適切な技術士の紹介)


化学部会2018年例会(講演会)開催予定
 平成30年
 3月3日
(土曜日)

第2回化学物質研究会のご案内
● 時間: 15:00~20:00
● 場所: 近畿本部会議室(近畿富山会館2階)
 議題 1 15:10~16:10
  「現代の科学技術における技術者倫理と今後の方向性」

≪講師≫;(公社)日本技術士会近畿本部副本部長
      技術士(機械、総監)田岡直規氏
(要旨) 現代では、科学技術の巨大化・総合化・複雑化により、科学技術全体がもつ技術的リスクについて、網羅的に的確に把握・認識することは困難な状況に陥っており、「科学技術の不確実性」の下、技術者が意思決定を迫られるケースが増加しつつある。
 また、昨今、原子力トラブル、データ不正、品質偽装、鉄道事故、食品安全問題等の、技術者が関与する類似の人為的な事故・不祥事が頻発している。このような状況下で、現代の科学技術における技術者倫理と今後の方向性、すなわち「予防倫理」から「志向倫理」への潮流について考察し報告する。

 議題 2 16:20~17:20
 「Pro-MOCS式化学物質管理一創設段階活動報告(2017年度)」

≪講師≫;近畿本部協賛団体(有)相模ソリューション
         技術士(化学)伊藤雄二氏
(要旨)
 ①イヒ学部会(東西)と化学物質管理研究会/化学物質管理上協会
  との関係図
 ②安衛法/行政が事業者に求める≪化学物質管理者≫と化学物質管理上
   協会からの供給策
 ③Pro-MOCS式化学物質管理(実用編1)の概要
  (2017年2月21日中災防(大阪)に説明)
 ④研究会の来年度勉強会計画案の概要
 ⑤化学物質管理上≫資格制度の設計
  (2017年6月7日CPD業績・研究発表年次大会)
 ⑥近畿本部化学部会に寄せる期待
 注)Pro-MOCS :
   (一社)イヒ学物質管理上協会(登録商標済)の英文略称
☆懇親会17:30~19:30:場所(当日案内)
 参加費: 講演会:(公社)日本技術士会会員は1,000円,
         その他; 2,ooo円
      懇親会:約4000円(当日実費精算)
☆申込み先:講演会及び懇親会への参加・不参加を明記して
 化学部会幹事上田修史技術士宛にお申し込み下さい。
   (E-mail: ckays523@sutv. zaq. ne. jp)
   または(携帯電話:080-3772-4793)


公益社団法人 大阪技術振興協会
  〒550-0004  大阪市西区靭本町1丁目8番4号 大阪科学技術センタービル504号室
 TEL 06-6444-4798  FAX 06-6444-4818  E-mail: 504@otpea.or.jp
業務時間 平日9:30~17:30 土日祭は休み
 
関連サイト    プライバシーポリシー
Copyright (c) 2011 Osaka Technique-Promotion Engineers Association. All Right Reserved.